忍者ブログ




木杉建太朗による音楽活動、日常の雑記。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
6月に湯野川広美(ひーたん)とツーマンライブさせてもらってから早いもので、いよいよ2ヶ月後、下北沢ラグーナにて、木杉会vol.3をさせていただきます❗️

今回もツーマンと言う形で、相手はエゴノエコにお願いしました。

彼女とは、もうかれこれ2年近くなるのかな、渋谷のひまわり広場で手を繋ごうと言うライブスペースで出会い、何てええ声しとるんやー。と思ったのが最初でしたかね、そこから結構一緒にライブする事が増えて、今回、改めてツーマンの相手に指名させていただきました。
ほんとにええ曲歌わはりますよ!是非、見た事無い人に見ていただきたいアーティストです♪

今回、転換アクトとしてお願いしたのが、ウクレレ原田。名前の通りウクレレ弾きです。
彼には四谷アウトブレイクと言う場所で出会いそこで話してまた近いうちに会いましょう。的な話をしてたら本当にすぐに高円寺のクラブライナーと言う所で一緒にやる事になったのがきっかけです。彼のスタイルに関しては見てもらうのが一番。

そして毎回毎回、僕のCDのジャケットやフライヤーを作ってくれてるICHDAI✳︎にお願いして今回もフライヤーを作ってもらいました。
下北沢の街を背景にしたかっちょいいフライヤーです。

今から12月16日を想像するとワクワクして眠れない時があるほど楽しみなイベントです。

本当に毎回、出てよっ、手伝ってよ、って誘った時に快く引き受けてくれる仲間に恵まれとるなぁと感謝しております。
そしてこのライブをしっかり切り取ってくれるカメラマン。ラグーナスタッフ、応援しにきてくれるであろう人、毎回毎回言葉で言い表せないほどの、『ありがとう』でございます。

この恵まれた環境でその日のベストを出さないはずがない。そう確信しております。全力でお届けしますので、是非、この12月16日、皆様、力を貸して下さい。

昔から親子3代続けたら末長く繁栄すると言われております。そんな木杉会も今回で3回目。末長い繁栄を願って…

最後まで目を通してくれてありがとう。木杉建太朗

PR



◆2日 高円寺クラブライナー
21:40〜
しーば企画
この日はなんと演者13組、飲み放題と言うイベント。出演時間15分という短い時間でどれだけ自分をだせるか?の短期決戦!呼ばれたからにはやるよ♪

◆9日 府中フライト
20:30
僕の住む隣町の大事なライブハウス
北海道、広島から遠征でくる演者さん、そして埼玉からは兄弟ユニットのコンダクターオブジアース、葛西ゆうき、ニルノラフも楽しみなんですわ。

◆14日 目黒 bar.Cread
19:20出番
僕の友人が経営するbarからのお誘い。
この日は完全アンプラグド。
マイクを通さず演奏。うん、試されちゃいますね〜!自分がどこまでできるか、楽しみ♪尾田健、一ニ三四五六もでるよ!暑苦しい夜、確定

◆19日 新宿ロックンロール以外は全部嘘
⬆️
これ、ライブハウスの名前です。長い(笑)出番21:00

今年に入ってから月一ペースでお世話になってるライブハウスでブッキングしてくれるカトウさんのチョイス、ギター上手な人ばっかりなんですわ!すごく見てて楽しいしやりがいがあります。
今の所決まってるのはこの4本。
空いてる時にふらっと路上ライブできたらよいかな!と考えております。

どのライブも一本、一本、一瞬が大切なライブです!是非、その場の空間を共有できたら、木杉建太朗、嬉しく思います♪







ちょくちょく「建太朗のバンドの音が聞いてみたい」って声をいただけたりする。うん。凄く嬉しい声です。

もともと弾き語りを始めたきっかけは自分の作る音楽をバンドサウンドでって思って東京でバンドが出来たらいいなぁと思って始めたのがきっかけだった。

おかげ様でファーストアルバム、始動を出す事ができた。

でも大人になってからのバンドは各々の大切にしてる場所がバンドだけではないし夢だけで食ってくなんて甘い事も通用しない。ライブの日程を合わせて出たいライブに出れなかったりもしてくる。

元来のワガママでやりたい時にやりたい事が出来ない。なんて不自由だ!なんて思ってる時に一人の弾き語りストに出会い、そいつから強烈な刺激をいただいた。

うん、もう一度、自分を見つめなおしてみよう。
それからバンドでやってた今日も完全に弾き語り様にアレンジし直し、改めて弾き語りでやってみることにした。

少しずつ、少しずつ…今まで自分が求めてた反応と聞いてくれてる人の反応のズレが溝が、小さくなって来てる自分に気づいた。

あれ?今まで、楽しくないなって思ってたのがもー、何にも変えられないくらいの楽しみに変わって行ってる自分に気づいた。
基本はギターと歌のシンプルな構成。でもシンプルが故にごまかしのきかないシリアスな構成。歌詞一つ一つを伝える大切さ、ギターの一音一音を丁寧に弾く大切さ、もー、突き詰めていけばきりが無い。ライブだから自分でライブハウスの空気を作り出すパワー、諸々が合わさって、曲の終わりにもらえる拍手であったりなんであったりがまた自分にの力に変わる。

皆が思う弾き語りのイメージって、しっとりバラード歌って静かに聞く。みたいなのがあるかもしれないけど、僕は話し声も全然あり、なんでもあり。
ただし、自分に興味を持ってくれてない人でも惹きつけられるくらいのパワーがなかったらなかなか務まらないジャンルだな、と日々噛み締めながらステージを楽しんでおります。

自分が伝えたいことを人に伝えるのは凄く難しい。でも難しいが故にやりがいがある。

今の僕なら声を大にして言える。弾き語りが大好きだ!
みてくれてる人が楽しんでくれて笑顔になってくれたり、明日への活力に微力でもなれればと日々願いながらステージに立っております。あ、正式には座りながら歌ってるのでなんて言ったらいいのかはわかりません(笑)

1人でも多くの人が僕との時間を共有出来る事を願って…明日も楽しみます。(僕の中の頑張るの最上級の言葉)楽しむ。
最高まで目を通してくれてありがとう。
木杉建太朗





超久々にブログをタイピング。

これは前からずっと思ってたことなんすけど、僕、音楽活動家、←(あえてミュージシャンとはいいまへん。)
はライブに遊びにきてもらうこと、歌を、ギターを聞いてもらえるのが一番嬉しくてライブをしとります。

人それぞれあるけど、僕の場合、平均月に5本くらいのペースでライブしてます。毎回毎回ライブに来て欲しい。毎回毎回CDがバシバシ売れる。うん。これ、理想ですね♪

でも、どんなに見たい憧れの一流アーティストのライブでも、時間が合わなかったり、金銭的にきつかったり、その他諸々の事情で行けない。大いにあります!

正直な話、一枚、何千円のチケットを買うなら好きな映画行った方が安いしお得。もっともっと他の使い方が人それぞれあると思う。

でも、それでも、僕のライブに足を運んでくれる人がいてる、一枚数千円のチケットを買って観に来てくれてる人がいてる。

もーーーなんてありがたいことなんだ!感謝感謝感謝感謝しかないよ。

本当に値段以上に来てくれてる人に夢をみせる、楽しんで行ってもらうライブを久々思って曲書いたり、練習したりすることは当たり前。

この当たり前の事をついつい忘れがちになったりする事が一番恐ろしい事やなと最近改めてつくづく感じる。

上を目指せば目指すほど、やっぱり楽しんでもらう努力を惜しんであろうしね。

あ、今日のライブ、けんたろーさんちょっとリズム甘かったね、声出てなかったねなんていわれたら、やっちまったなぁ、ごめんね、って思う反面、あれ?めっちゃ観てくれてるんやな、って再確認できるし、よし、次もし来てくれてるならもっとこいつにええところ、かっこええ所みせたろ!ってなります。うん、非常に嬉しくなるね!


これからもどんどん活動範囲も広げたいしもっともっと知らない土地でライブもしたい。大都会の大きなスクリーンで木杉建太朗が映ってたらどんなに嬉しいかなってドキドキしてたいし叶えたい。

目の前のライブ一本一本を心込めて全力でやり抜いていきますよー!


そして最後に、もっともっともっともっと一枚数千円のチケットの重さ。を感じ続けていける男になろうと思っとります。
これからも応援し続けてもらい続けれる音楽活動家になってこうと改めて心に決めました。
どうぞよろしくお願いします。

木杉建太朗

いやいや、気付くの遅って思った人。正解(笑)

でもね、ずっと昔から思ってたんですよ!恥ずかしくて言ってなかっただけで…

ありがとう。当たり前の言葉、でもこの五文字に込める意味は年々自分の中で大きな言葉になっとります。

最後まで読んでくれてありがと!






拝啓お元気ですか?僕はいよいよ花粉症シーズンもおわり元気になってきました!

今日は初めて路上ライブをしてきました!仲良くしてる音楽仲間の、一ニ三四五六、エゴノエコ、のうじょうりえ、この4組で東京の上野で路上ライブ。話には聞いてたけど、路上ライブは苦情が入ると警察が止めに来て演奏終了…これが定番みたいです。

実際した事がなかったので、今日初めて路上ライブして警察に止められて終了を経験した…

よし、心機一転、吉祥寺ならアーケードの閉まった夜9時以降なら大丈夫だとの噂を信じ移動…さあて、演奏始めて気持ちよくエンジンがかかって来たところでまたもや警察で終了…

確かにライブ聴きにライブハウスにきてくれてるわけじゃなく、音楽に興味無い人もいるから迷惑なのもわかる、車とかバイク好きじゃ無い限りエンジンの音とかはうるさく感じるもの。

やってる本人は気持ちよいけど、耳障りになると思う。

しかし、うーん、なんやろねー?このもどかしさは…選挙の宣伝とかのほうがうるさくて迷惑じゃね?って思うのは僕だけかね?

真剣に音楽やってる人が、聞いて欲しいから路上でライブする事がそんな迷惑なことなんかなぁ?

どんな声を大にして伝えても法律できまってるならしょーがないのかもしれん。ライブハウスも音出しの時間とか決まってるからしょーがないのかもしれん。でも、でも、もーちょっとその辺寛容になってほしーなぁ、街歩いてても弾き語りとか、バンドとか演奏してるのみるとワクワクするもんね♪なんか街に活気あるような感じるものね!

もっと日本楽しい国にならんかなぁ?
実際に演奏して止められて、あらためてそう感じた4月9日でした!

これからまた機会見つけて路上でライブしよーっと!少ししか出来なかったけどやってみて想像してたより10倍楽しかった♪

街で見かけたら声かけてねー♪



木杉建太朗
HN:
ケンタロウ
HP:
性別:
男性
趣味:
釣り、リバーウォッチング、水中生物(主に魚)の生態系
自己紹介:
彼は語る。「ただ、笑って生涯をすごせたらそれでいい。」浅いようで深い言葉である。今まで彼を司ってきた苦労など、全て笑って乗り越えてきたであろう。
なぜなら彼は親友の軽い誘いに乗り、なんとかなるさの精神で上京。TOKIOという街に特に憧れを抱く事もなく、ただ漠然と親友と笑って過ごせればよい。とくらいに考えていたのであろう。そんな彼がふと思う。「俺が出来る事はなんや?」「釣り?」否!「音楽や!」深い瞑想の末、導き出した答えがそれだ。今までやっていたウッドベースを捨て、ギターに持ち替え、一人で音楽を奏でる事を決意した。彼の唄う歌にはシンプルながら強いメッセージが込められている。社会に対するもの、甘く切ないバラードには目を見張るものがある。是非一度、ご賞味あれ。彼の生き様を反映させるもの、それが「音楽」であり全てではない。木杉建太朗の生き様、とくとご覧あれ。
関連動画

木杉建太朗のライブ映像など!
最新コメント
[12/01 マヨネーズの出口は星形がお好き]
バーコード
メール
『木杉建太朗』へ御用の方は、こちらのフォームよりどうぞ。
忍者カウンター


P R

DESIGN by Kanegon☆

忍者ブログ [PR]